2010年04月25日

ガンの原因

 アメリカで700万人のデータを集めた研究によると、ガンになる原因の多くは生活習慣と環境にあるとのことです。
1位…たばこ。全てのガン死亡率の21%が喫煙者とのことで、自分が吸っていなくても両親が喫煙する家庭で25年以上過ごした子ども肺ガンになる割合が2倍とのことです。
2位…野菜や果物の摂取不足とのことで、抗酸化物と言うガンを予防する成分が足りなくなるとガンは増えるとのことです。
3位…塩分の取り過ぎ。胃ガンの主な原因と言われ、日本を含めアジア諸国では問題になっています。
4位…ウィルス。肺ガンと子宮頚ガンでガンの10%を占めると言われています。
5位…運動不足。ガン全体の9%は運動不足によるものとのことです。
6位…肥満。ガン死亡の3%占めているとのことです。
7位…アルコール。飲みすぎは危険で咽頭ガン、食道ガンなどの原因となり、全体の2%を占めていると言われています。
8位…空気汚染。煙やホコリなど肺ガンの原因なると言われています。
9位…医療行為として行わるレントゲン検査や薬剤の副作用。

よくガンは遺伝と言う話が出てきますが、遺伝することが証明されているのは全体の5%に満たないとのことです。

http://solook-design.com/

2010年04月14日

学資保険

 学資保険と言えば簡保と言う時代がありましたが、数年前から運用ができない時代に入り、元本割れの商品が続出、そのなかでソニー生命の学資保険が利回りが良く良く売れていました。弊社では、ソニー生命の取り扱いがないので、学資保険だけソニーさんで加入するようなことも多々ありましたが、最近は変わってきました。東京海上日動あんしん生命の終身保険を10年払いにしたプランや長期平準定期保険を短期払いにしたプランなどを利用すると、加入年齢にもよりますがソニーさんの返戻率を上回ることがありました。また、ごく最近はアフラックの10歳払いが人気です。ソニーさんの学資保険が108〜110%の返戻率ですが、アフラックの短期払い商品は、お子様が10歳になるまでに一気に保険料を支払い、その後、据え置く感じです。この保険の返戻率は、113〜115%程度くらいになります。これも加入年齢によりますが、面白い保険です。年齢により変わりますので、具体的な保険料や返戻率は、弊社でできるものは承りますし、取り扱いできないものは、他社さんで試算されることをお勧めします。

http://solook-design.com/
posted by solook at 07:45| 学資保険

2010年03月31日

喫煙率

全国の喫煙率 2009年(JT調べ)

・全国平均   男性:38.9% 女性:11.9%
・北海道    男性:45.7% 女性:20.0%
・東北     男性:42.5% 女性:12.8%
・北陸、甲信越 男性:36.6% 女性:7.9%
・関東     男性:39.9% 女性:13.3%
・東海     男性:36.9% 女性:9.0%
・近畿     男性:37.0% 女性:12.4%
・四国     男性:34.3% 女性:7.9%
・中国     男性:37.0% 女性:7.9%
・九州、沖縄  男性:39.2% 女性:12.2%

喫煙率で一番高いのは、北海道とのことです。ただ理由は良く分からないとのデータでした。ただ男性でも60%以上の人がタバコを吸っていない訳ですから、やはり非喫煙体の保険は、もっと一般的に広がる必要があると思います。

http://solook-design.com/

posted by solook at 09:06| 生命保険の雑談

脳腫瘍

 脳腫瘍は、10万人あたり年間で12〜16人くらいの発症と言われ、脳腫瘍には130種類以上の種類があります。主には頭蓋内の組織から発生した「原発性」と他の臓器から移転した「転移性」に大別されます。
 脳腫瘍は、発生した場所や腫瘍の種類、大きさなどが様々でなかには悪性度が高くりちょうが極めて難しいものがあるそうです。手術・放射線・化学療法を組み合わせて行う「集学的治療」が一般的と言われています。
 脳腫瘍の手術は、一般的に外科手術が基本で脳の機能をできるだけ維持してガンと周辺部分を切除すると言う高い技術が必要とのことで、患者一人ひとりの状態にあわせて術前の診断から手術、放射線治療、抗がん剤治療などを駆使するため大学病院など専門的な治療ができる施設が必要になると言うことです。
 主な手術としては、「ニューロナビゲーター」と言う脳内の地図を作成し、それをモニターに映しながら行います。また、言語障害など考慮した手術として、手術中に患者を麻酔から覚まし話しながらメスを入れる「覚醒下手術」を行っている病院もあります。さらには、肺ガンや前立腺ガンで実績にある「重粒子線治療」を脳腫瘍に使う病院もあるとのことです。

脳腫瘍治療の実績病院(関西のみ)
大阪・・・富永病院
大阪・・・北野病院
大阪・・・大阪市大病院
大阪・・・大阪大病院
大阪・・・大阪市立総合医療センター
兵庫・・・神戸大病院
兵庫・・・関西労災病院
兵庫・・・神戸市立医療センター中央市民病院
兵庫・・・兵庫医大病院
兵庫・・・姫路医療センター
奈良・・・奈良県立医大病院
和歌山・・・和歌山県立医大病院

http://solook-design.com/

2010年03月21日

大腸がん

 ガンによる死亡数で女性のトップ、男性でも3番目に多い大腸ガンは外科手術や内視鏡治療、抗がん剤智超技術の進歩もあり、転移や再発があっても治る患者もいるそうです。大腸ガンは、「手術ができない」と診断されても、抗がん剤や放射線治療でガンを小さくしてからの手術もでき、転移でも手術でき、末期状態でも抗がん剤治療で平均2年近く生存できるなど、治療期間が長いのが特徴とのことです。全国がんセンター協議会の調べでは、1997〜2000年に入院治療を受けたガン患者の5年生存率は、T期で96.9%、U期で86.4%、V期で71.7%と7割を超えています。
 治療方法には病院により傾向があるらしく、開腹手術をメインで行う病院や身体的負担の少ない腹腔鏡手術をメインで行う病院もあるそうです。腹腔鏡手術では、腹部に5ミリ〜1センチの穴を4〜5ヵ所開け、そこから腹腔鏡と呼ばれるカメラをハサミや電気メスで入れ、大腸の患部を切除する方法です。早期なら外科手術ではなく内視鏡治療で対応が可能と言われています。

大腸ガン治療の主力病院(関西のみ)
大阪・・・大阪医大病院
大阪・・・大阪府立急性期総合医療センター
大阪・・・大阪赤十字病院
大阪・・・済生会中津病院
大阪・・・大阪府立成人病センター
大阪・・・大阪市大病院
兵庫・・・明和病院
兵庫・・・兵庫医大病院
和歌山・・・和歌山県立医大病院

http://solook-design.com/

2010年03月14日

高額療養費の自己負担分

 入院する際は、加入の健康保険から「限度額適用認定証」と言う書類を取り寄せ病院に提出しておくことをお勧めします。これを提出しておけば、1ヶ月あたりの医療費がいくらかかったとしても限度額までを支払えばよく、家計の資金繰りが楽になります。

高額療法費制度による自己負担分(70歳未満)
一般の所得区分
80,100円+(医療費−267,000円)×1%

※高額療養費制度の例などは、当ブログの「医療保険W」も参考にしてください。

http://solook-design.com/
posted by solook at 10:19| 医療保険

前立腺がん

 高齢の男性で患者が増えている前立腺がんは早期発見されても進行が遅いタイプが多く、全摘手術から「治療しない」という治療まで、患者の年齢やライフスタイルによって選択肢は、他のガンほよりも幅広いと言われています。
 治療法で多いのは、電気メスを入れガンを摘出する手術ですが、その他にも放射線治療があります。高密度焦点式超音波治療法(HIFU)と言われ、身体の一点に100度以上の超音波で患部を焼くと言うものです。また、比較的高齢者向きと言われているホルモン療法です。大阪府立ガンセンターでは、3割が手術、3割が放射線治療、4割がホルモン療法とのことです。脳の下垂体に作用し、男性ホルモンの分泌を抑える薬を一ヶ月、もしくは、3ヶ月に一度、注射します。費用は月に3〜5万円程度ですが、健康保険が適用されます。ただ、治療が長引くことや性機能低下、皮下脂肪の増加など副作用があると言われています。
 その他には、無治療という方法もあり、早期発見の場合、すぐに治療はせずに経過観察することも1割くらいあるとのことです。60歳代などの場合、仕事の都合など手術を受けにくい状態にあり、ライフスタイルに合わせ調整できるとのことです。

前立腺がん治療の主な病院(関西のみ表示)
京都・・・京都大病院
大阪・・・大阪大病院
大阪・・・大阪府立成人病センター
大阪・・・大阪医大病院
大阪・・・星ヶ丘厚生年金病院
兵庫・・・兵庫県立がんセンター
兵庫・・・神戸市立医療センター中央市民病院
奈良・・・天理よろづ相談所病院
和歌山・・・日本赤十字社和歌山医療センター
和歌山・・・和歌山県立医大病院
http://solook-design.com/

2010年03月09日

離婚率

 2000年頃から離婚率が30%以上になり、2004年では、37.6%になっています。要するに3組みに1組み以上が離婚しているということです。確かに、保険に携わっている私も名義変更など依頼を受けますので、実感できるところです。しかし、この数字の内訳を見てみると、若年層の離婚率が飛び抜けて高く、19歳以下の女性では約60%、20〜24歳女性でも40%以上、要するに24歳以下の層の高い離婚率に、全体が引っ張られているということです。「できちゃた婚」の離婚率が高い結果と言うことでしょうか。
 ちなみにアメリカの離婚率は、50%くらいにおよび婚姻期間は、平均18年と言うことです。アメリカでは、結婚前に離婚時の財産分与を書面で交わすことも多いとのことです。また、離婚と経済の動きは、リンクしており、景気が低迷してくると離婚率が上がる傾向があるようです。
http://solook-design.com/
posted by solook at 09:12| 生命保険の雑談

2010年03月07日

乳ガンの動向

 女性の22人に1人が乳ガンになると言われれています。乳ガンの治療では、ガンとその周辺を取り除く「乳房温存術」が普及してきましたが、最近は、「全敵術」の割合が増えてきたと言われています。温存手術では、切り取った部分の切り口にガンが残る「断端陽性」や、温存した乳房で再びガンができる「局所再発」リスクが全敵手術に比べ高いと高いと言われています。
 また、費用面も考えないといけませんが、腹部や筋肉・脂肪など、自分の組織を使って再建する場合は、保険適用対象ですが、シリコンなど人口乳房を使う場合は、全額自己負担になります。その全行程の費用は、約100万円程度と言われています。
 全国ガンセンターのデータでは、1997年〜2000年に入院治療を受けた乳ガン患者の5年生存率は、T期で98.2%、U期で91.5%、V期で67.8%と他のガンよりも生存率は高いとされています。ただ、乳ガンは他のガンよりも増殖が遅いとされており、注意が必要とされています。
http://solook-design.com/

2010年03月05日

重粒子線ガン治療

 先進医療の話でよく出てくる重粒子線ガン治療は、世界的にも日本が先行しています。この技術は、先進医療で自己負担額が300万円前後と言われています。同技術は、放射線の一種で重粒子線を対外から当てて患部を狙い打ちする技術です。(炭素の原子核を光速近くまで加速し、ガン細胞に当て破壊する)
 重粒子線の治療施設は、日本に2ヶ所とドイツに1ヵ所あるのみで、重粒子線の治療を受けた患者は世界で5,342人(2009年2月現在)で、主に肺ガン、肝臓ガン、前立腺ガンなどに使われています。
 最近、医療保険の多くも先進医療特約が付加されたものが多くなりました。また、数年前から比べると、特約保険料も上がっている感じがします。
http://solook-design.com/

2010年01月07日

平均寿命

 2009年の世界人口白書によると、日本人の平均寿命は、男性が世界4位で女性が世界1位となっています。医学の進歩などにより、全般的に平均寿命は延びています。1999年の男性の平均寿命ランキングでは男女とも日本が世界一で、男性の平均寿命が76.8歳であったことからも平均寿命の伸びがうかがいしれます。確かに終身医療保険や終身ガン保険の保険料は、高くなる傾向はあっても安くなる傾向は見受けられません。保険会社によっては保険料を上げない分、保障内容を変更しているところもあります。終身型の医療系の保険は審査も厳しくなっている印象もあり、気になる方は前向きに考えている方が良いと思います。

世界 国別平均寿命ランキング
●男性
1位:アイスランド・・・80.4歳
2位:香港、スイス・・・79.6歳
4位:オーストラリア、日本・・・79.4歳
6位:スウェーデン・・・79.0歳
7位:イスラエル・・・78.8歳
8位:ノルウェー・・・78.7歳
9位:カナダ・・・78.6歳
10位:ニュージランド・・・78.5歳
●女性
1位:日本・・・86.5歳
2位:香港・・・85.3歳
3位:フランス・・・84.9歳
4位:スイス、イタリア、スペイン・・・84.3歳
7位:オーストラリア・・・84.0歳
8位:アイスランド・・・83.5歳
9位:スウェーデン、フィンランド・・・83.2歳

http://solook-design.com/
posted by solook at 16:13| 生命保険の雑談

2010年01月06日

ガンの検診率と死亡率

 日本の国民病と言われるガンですが、大阪府がガンで死亡する人が非常に多いとのことです (大阪府は1985年から2003年まで全国で最も多い)ガンによる死者が関西で多いのは、ガン検診の受診率の低さと関係があるかもしれないとのことです。関西では、胃・肺・子宮・乳・大腸のガン検診の受診率が全国的に低く、それと関係があるかもしれないとのことです。
 その受診率の低さの理由は、分かりませんが、「関西は怖がりの人が多い」とか、「自分はガンにならないと思いこんでいる」などがあるかもしれないとのことです。市町村が安価で実施してくれていると思うので、是非、検診しておきたいです。
ガン受診率.pdf
http://solook-design.com/
posted by solook at 23:08| 生命保険の雑談

2009年08月12日

最新加入パターン

例えば、各保険会社の保険を上手に選ぶことによりこのような違いがあります。
参考事例、36歳のご主人様の保険見直し相談の場合・・・
お客様のニーズ(おおざっぱに2つ)
・保険料を安くしたい
・医療・ガン・死亡保障を必要最低限加入しておきたい
添付ファイルに比較的人気のある保険商品を掲載させていただきました(細かな商品内容を明記すると分かり辛くなるかもしれませんので、簡単に明記しています)例えば、全ての保険をC社で加入すると13,858円になります。それでも日本の大手の保険会社の保険料と比較すれば安いとは思いますが、最終的にこの36歳男性が選ばれたパターンと理由は、次の通りです。
36歳男性.pdf
医療保険…E社(理由:七大成人病や高度先進医療に意識があるため)
ガン保険…C社(理由:保険料が安いことと診断給付金が複数回でることや初期ガンも同額給付のため)
定期保険…B社(理由:定期保険は掛け捨てなので保険料の安さを重視しタバコも吸っていないため)
と言うことで、総額の保険料は、9,518円でした。保険の内容にもご自身のニーズにあったものを選ばれていますし、最終的に保険料も安く感じることができると思います。結果的に保険会社が分かれてしまいましたが、保険の目的が違いますので、不便もないと思います。この事例は、数あるなかのひとつですが、いくつかのポイントを理解すれば、ご自身で選ぶことができるようになると思います。
生命保険のご相談は、無料ですのでホームページからメールにて相談ください!
http://solook-design.com/
posted by solook at 08:54| 生命保険を選ぶ

2009年04月10日

死亡保険の基本

●定期保険・養老保険・終身保険を理解する
 3つの保険の特徴を掲載しておりますので、ご確認ください。同じ30歳の男性が60歳まで保険料を支払った例ですが、保険料の違いと貯蓄(解約返戻金)の推移が大切なところです。解約返戻金とは、その時点で解約した場合に戻ってくるお金のことを言います。以下に簡単に@定期保険・A養老保険・B終身保険の特徴を掲載いたしますので、図を見ながら理解してください。
@定期保険ですが、定期と言うのは期間が定まっていると言うことですのでいわゆる銀行の定期預金みたいなものです。ただ、定期預金はお金を貯めていくものですが、保険の定期保険は、掛け捨てであり満期保険金がないと言うのが特徴です。次ページの例で言いますと30歳から毎月4,050円の保険料を支払い30年間で約145万円の保険料を支払いますが、満期の60歳時にはお金は戻ってきません(0です) 単に30歳から60歳まで死亡すれば1,000万円の保障があるということです。145万円で30年間1,000万円の保障を買うと考えていただければ分かりやすいと思います。また、赤い点線(ライン)をみていただくとご理解いただけると思いますが、満期に向かって0に近づいていき最終的には0になるということを確認してください。また、最近は、解約返戻金が全くないタイプも増えております(その分、保険料も安く設定されています)
A養老保険ですが、死亡しても満期になっても保険金が受け取れる保険を養老保険と言います。30歳から毎月26,630円を支払い30年間で約960万円の保険料を支払います。当然、30歳から60歳までの間に死亡すれば1,000万円の死亡保険金が支払われますが、満期の60歳時には1000万円の満期保険金が支払われると言うことです。そういう意味では、保険料に無駄がないような保険ですね。ただ、昔のように予定利率が高くない時代には加入される方は多くないです。以下の例ですと30年間の期間があります。そこで問題になるのがインフレの懸念です。現在から30年前を考えていただければ、イメージできると思いますが、お金の価値は変わっています。例えば、タクシーの初乗りは150円程度でしたし、公務員の初任給は、8万円程度でした。これから先に同じようなインフレが起こるとは思いませんが、そのようなインフレによるリスクは考慮しておく必要はあります。
B終身保険は、一生涯保障している保険のことを言います。お葬式代などの確保のために300万円程度の終身保険に加入される方が多い保険です。ただ、終身保険と言うのは、保険会社から考えてみるといつかは、保険金を支払わないといけませんので、保険料をシッカリと積み立てています。ですから、ある程度、保険料を支払いますと、解約返戻金も貯まってきます。図の例ですと、30歳から毎月17,330円の保険料を支払い60歳まで保険料を支払うパターン(60歳払済と言います)ですが、30年間約620万円程度の保険料を支払います。当然、そのままおいておけば、人はいつか亡くなりますので、1,000万円の保険金が遺族に支払われます。また、死亡する前に解約したとしても赤い点線(ライン)をご覧いただくと、保険料払込推移の青色のラインと交わるところがあります。たいていの終身保険では、保険料の払い込み満了時点で交わりますので、61歳くらいに解約しても630万円くらいが返ってくるということです。要するに60歳くらいまでは、遺族に対しての1,000万円の保障として考えておきながら、例えば65歳や70歳くらいに解約しても630万円を超えるお金が貯まっていますので、その解約したお金を老後の年金原資にするような考え方です。当然、解約するのでその後、死亡したとしても死亡保険金はありません。
この3つの保険は、保険の基本形です。どの保険が良いとか、悪いと言うものはなく、それぞれの特徴を理解し、ニーズのあった商品を選ぶことが大切です。
死亡保険の基本
http://solook-design.com/
posted by solook at 15:11| 保険の仕組み

リスク細分型

●リスク細分型
タバコを吸っていない方や身長と体重が一定の範囲の方であれば、保険会社によっては保険料が安くなります。保険会社によって、審査基準は違いますが、例えば、以下のようなことが保険料を割り引かれる要件です。
@過去2年以内(保険会社よっては1年)に喫煙の経験がないこと
A危険職種・趣味に該当しないこと、運転歴(事故歴)などもチェックする会社もあります。
B身長・体重が定められた範囲内であること
C血圧が基準値内であること
D定められた疾患等の既往症がないこと
では、どれくらい保険料が安くなるかというと以下のような保険料になります。解約返戻金が多少あるものと全くないものがあるため一概には言えませんが、定期保険は最終的には満期保険金がない掛け捨て型の保険です。条件にあえば同じ保険金で保険料が半分くらいになりますので、要チェックが必要です。
リスク細分型
http://solook-design.com/
posted by solook at 15:08| 死亡保険

定期保険

●定期保険
 一定期間のみの死亡や高度障害を必要とした保険で定期保険があります。特徴としては、掛け捨ての保険のため満期(満了)時には、0です。満期保険などはありません。ただ、その分、保険料が安いということが最大の特徴です。その定期保険ですが、最近は、定期保険でも様々な商品が販売されているため混乱される方も多いです。
ここでは、一般的な家庭が加入されるメジャーな定期保険を2つ掲載いたします。まず、以下の定期保険(平準定期保険)は、すごくシンプルな保障です。32歳男性が60歳満了と定期保険で説明いたしますが、32歳に加入し60歳までに死亡や高度障害になれば、2,000万円の保険金が一括で遺族(受取人)に支払われるということです。毎月5,800円を支払い、合計で195万円程度の保険料になります。60歳満了時には、満期保険金などはありませんので、単に195万円の保険料で28年間2,000万円の保障のみを買っていたということになります。まさに万が一のための保険です。
 次に、保険金を分割で受け取る収入保障保険(生活保障保険)です。最近、人気のある商品です。どういうところに人気があるかと言いますと、まず保険料が安く感じるということです。保険会社は保険金を分割(年形式や毎月形式)で支払うため、保険金を小出しにできる分、保険設計時点で保険料を安くできると言う仕組みです。
 まず、保険料をなるべく低く抑えた定期保険を考えた場合は、上記の2つのどちらを選ぶかが最初のステップです。必要保障額算出後、その額に合わせて定期保険や収入保障保険で設計し、保険料との兼ね合いで考えるのが一般的です。毎月、支払いができる保険料には限度があり、また、保険料を低く抑えたいというニーズが高いため多くの方は収入保障保険を選ばれる傾向があります。また、収入保障保険は、一括でも受け取ることができますが、その際は、年金原資になりますので、例えば、上記の例で言いますと、35歳の時に死亡すると毎月15万円を25年間受け取れるので総額で4,500万円を遺族が受け取れるのですが、これを一括で受け取ると3,200万円程度になります。また、遺族に支払われている保険金は年金形式で支払われますので、受け取っている方の雑所得になり課税対象になります。
一般的には300万円程度の終身保険などに加入しておき、収入保障保険に加入する方が多いです。一生涯のお葬式代などの確保ということと、収入保障保険は毎月支払われるため、死亡後の一時的な出費には対応できないとこともあります。ですので、300万円を一括で受け取り、あとは毎月の生活費と言う考えから15万円などを受け取ると言う考え方です。

定期保険
http://solook-design.com/
posted by solook at 15:02| 死亡保険

終身保険

●終身保険
 終身保険とは、一生涯保障した保険です。人はいつからは亡くなりますので、必ず遺族に保険金をのこすことができるため一生涯の保障は安心だと思います。また、終身保険は貯蓄性もあるため、一定の時期で解約すると解約返戻金が貯まっているのも特徴で、その貯まったお金を老後の年金原資として使うこともできます。終身保険もいくつかの種類がありますので、特色のある終身保険をご案内いたします。
@ 積立利率変動型終身保険
 低金利時代でも最低の積立利率(例:1.75%)を保証(平成19年1月現在)し、毎月更改される積立利率により積立金の増額が期待できます。また、積立金額が一定基準を上回ったとき、保険金額の増加が期待できます。保険料払込満了後は、保障の全部または一部を年金として受け取ることもできます。他の終身保険に比べると保険料は高めに感じるかもしれませんが、今後、市場金利が上がっていくと考えている方にはむいている商品かもだと思います。
A 低解約返戻金型終身保険
低解約返戻金期間中は、従来の終身保険の解約返戻金を70%に抑えた商品であり、35歳男性で1,000万円の保険金という利率変動型の商品と同条件で比較しても保険料が安いのがお分かりいただけると思います。保険料を払込満了までシッカリと支払うことができるという前提では悪くない商品です。最近、終身保険に加入される方の多くは、このタイプの終身保険に加入される傾向があります。
B ドル建て終身保険 (利率変動型タイプ)
一生涯の死亡・高度障害保障をUSドルの運用(例:予定利率3%)で確保する事ができます。保険料の払込は円でのご入金となり、また、保険金等はUSドルでも円でも受取れます。予定利率が高いため、同じ日本の利率変動型の終身保険とし比較しても保険料は安めに設定できます。外貨で運用するため、為替リスクを伴いますが、毎月、保険料を支払うタイプですとドルコスト平均法で支払っていくため、考え方によっては、合理的な保険だと思います。また、より保険料を抑えた低解約返戻金タイプの商品もあります。
C長期平準定期保険 (低解約返戻金型)
終身保険ではありませんが定期保険の期間を長くすることによって一定期間の貯蓄性を高めた商品で長期平準定期保険という商品があります。長期平準定期保険とは、期間の長い保険で98歳満了などの定期保険です。また、保険料の払込期間中の解約返戻金を下げることにより、保険料を安くした商品を低解約返戻金型と言います。あくまでも定期保険のため満期のときは0になりますが、保険料の払込が終了後に解約すると100%以上の返戻率になり、子どもの学資資金の準備や老後資金として使う方が多いです。終身保険と比べていただいても保険料の安さは一目瞭然です。終身保険の低解約返戻金タイプと同じように途中で解約すると大きく元本を割りますが、保険料の払込が満了後に解約すると元本を上回った解約返戻金になりますので、終身保険と比較し同じ保証で貯蓄性を求める場合、人気のある商品です。
終身保険
http://solook-design.com/
posted by solook at 14:55| 死亡保険

ガン保険U

ガン保険で人気のあるところの比較です。本当に種類が増えました。
ガン保険U
http://solook-design.com/

ガン保険T

●ガンのポイント
 昔は、ガン保険といえばアフラックの時代が続いていたのですが、最近は、各社ともガン保険に特色をもたせ、たくさんの商品を販売しております。いくつかのポイントがあるのですが、その一つがガンの再発に対応しているかということです。ただ、再発で診断給付金を出す保険会社でも2年間の給付制限があります。(要するにガンになり再発までの期間が2年以内では給付金がでないということです)ガン保険でメジャーなアフラックの場合の診断給付金は、ガン・上皮内ガンともに1回のみの給付です。ただ、ガン保険の入院給付金は、医療保険のように入院日数に制限を設けていないため、診断給付金は、1回しか給付されませんが、2度目のガンで入院した場合でも入院給付金や手術給付金は出る仕組みになっています。このガン再発に対応・非対応に関しましても、その方のガンに対する考え方で変わってきます。診断給付金同様、ガンに意識を持たれている方は、再発でも給付金がでるタイプを選ばれます。また、それほど、ガンに対して意識されない方は、保険料の安さを重視する傾向がありますので、診断給付金が1回きりのタイプを選ばれる方も多いです。ガン保険は、診断給付金の金額に明確な根拠がないので、保険料と保障内容の兼ね合いで選ぶことをお勧めいたします。また、上皮内ガン(初期ガン)での診断給付金の違いもガン保険に加入する際には、ポイントになります。アフラック(アメリカンファミリー)の場合は、悪性新生物の診断給付金を100とした場合、上皮内ガンの診断給付金は10%ですが、東京海上日動あんしん生命などでは、同額の給付です。ガンの治療費に関しては、治療内容により大きく異なりますが、一般的には健康保険が使える部分や高額療養費制度などを考慮しますと100万円前後の自己負担額といわれています。ただ、退院後の通院など継続的に費用がかさむことや、長期入院や入退院などガンには様々なところに出費がかさみます。(差額ベッド代・保険適用外医薬品・交通費・入院時の食事・民間療法(健康食品)・生活費の補助費用など) 一般的な回答となりますと100万円程度の診断給付金と入院日額10,000円くらいあれば何とかなりそうですが、ガンになられた方は、退院後に労働が制限され収入が少なくなることもありますし、数万円〜数十万円の健康食品の購入する方も多くなりますので、ガンに意識がある方はガン保険の加入はお勧めいたします。

●ガン保険の必要性
 ガンは、日本人の死亡原因1位を占めています。平成17年の国内ガンによる死者は、約32万6000人で、およそ3人に1人が、ガンで死亡している計算になります。ガンに対して意識のある方は、ガン保険に加入されている方が安心できると思います。
ガン保険T
http://solook-design.com/

生活習慣病U

●生活習慣病データ
 20代では、不慮の事故や交通事故で亡くなるケースが多いですが、30代からはガンが死因のトップになっています。40代〜80代では、3大生活習慣病による死亡が半数を超えています。60代や70代では、70%近くにもなっています。
生活習慣病U
 三大疾病
・ガン(悪性新生物とも言います)・・・なんらかの原因によって、人間の正常な細胞が突然変異してがん細胞になり、際限なく急激に増えていく(腫瘍になる)病気です。
・急性心筋梗塞・・・心臓そのものに栄養・酸素を送る冠状動脈がふさがり、酸素不足になっておこる病気です。一部が詰まった場合は狭心症と言われますが、完全に冠動脈の内腔がふさがってしまうと血液が遮断され、そこから先の細胞が壊死してしまいます。これを心筋梗塞と言います。
・脳卒中・・・脳卒中は脳血管疾患(障害)の総称で、脳動脈閉鎖による脳梗塞と脳動脈破裂に起因する脳出血に大別されます。脳卒中のうち脳梗塞の占める割合は80%、脳出血は20%と言われています。
 脳卒中や心筋梗塞・・・基本的には、健康保険の対象です。ただし、新しい技術による手術・治療を受ける場合には、公的医療保険の適用を受けることはできず、その費用は入院料などを含めて、すべて自己負担になります。ただ、新しい治療法がある程度実績を積み上げて治療法として確立してくると、厚生労働省の判断により「高度先進医療」として承認されます。高度先進医療に認められると、その高度先進医療にかかる「技術料」の部分については公的医療保険が適用されずにその全額が自己負担となりますが、この治療に付随する診察料、検査料、投薬料、入院料などの一般治療については公的医療保険が適用され自己負担は3割ですみます。つまり、公的な医療保険が適用されない種類の手術や治療であっても技術料を除いた部分は公的医療保険の対象となるわけです。厚生労働省のデータでは、ガンの場合、40〜50日の入院で費用は110〜130万円、脳卒中の場合、110日程度で入院費用は200万円あまり、心筋梗塞では約30日間で60万円程度という結果が出ています。
http://solook-design.com/